OB/OG訪問

 

OB/OG訪問とは

OB、OGって何?

Old Boy /Old Girl(和製英語)の略で、自分が属している大学の卒業生のことを指します。
OB/OG訪問は、企業で働いている同じ大学の卒業生を訪ね、その企業の仕事内容や職場の雰囲気などを教えてもらうことです。

 

OB/OG訪問で何を得る?

先輩に会って、いろいろ聞きたいことは山程あると思いますが、限られた時間を有効活用するために、あらかじめ何を得るかを決めてから訪問した方が良いでしょう。
そして、その情報を得るために、どういった質問をしたらいいのかを考えることが必要です。

OB/OG訪問で知りたい情報

1、会社・仕事に関すること(リアルな実態、業務内容など)
・会社の強みと弱み
・競合他社のこと
・会社で活躍している人の共通点
・配属やジョブローテーション
・担当している業務、一日のスケジュール
・仕事のやりがい
・仕事がつらいと感じるとき
・失敗したエピソード
・仕事量について(残業など)

2、先輩のこと(どちらかというとプライベートな内容)
・仕事が終わった後は何をしていますか?
・普段の休日は?
・長期休暇はどのように過ごしていますか?
・自己啓発は何かしていますか?
・入社してよかったですか?

3、就活のこと(面接についてや他の業界のことについてなど)
・そもそもこの業界が第一志望でしたか?
・他に悩んでいた企業や業界はありましたか?
・何社くらい面接しましたか?
・面接はどんな感じでしたか?(聞かれた質問など)
・この会社に決めた理由は?
・就活のときにやっておいた方が良いことはありますか?
・面接で緊張しない方法はありますか?

 

実際にどうすれば、OB/OGに会えるか?

基本、大学のキャリアセンターに相談すれば、卒業生に会う方法を教えてもらえます。

しかし、最近は、個人情報保護の観点から本人の承諾がないと大学のOBOG訪問リストに掲載できないため、リスト化されている人数も限られており、すぐに紹介してくれることも少なくなりました。(このあたりのルールは大学によって異なりますので、ご自身の大学に個別にお問い合わせください)

しかし昨今は、SNSの普及により、個人同士が直接繋がることができるようになりました。
SNSを活用してみてはいかがでしょうか。

基本的な連絡手段

1、大学のOBOGリストを確認
2、大学のキャリアセンターや教員(教授)などに紹介を依頼する
3、ゼミや部活、サークルなどの先輩にお願いする
4、友人、知人などの紹介
5、企業の人事担当に相談する

志望する企業が決まっているのであれば、その企業の人事担当に直接連絡してみると良いでしょう。

 

心がけること

社会人の先輩は忙しい中、時間を割いて会う時間をつくってもらっています。
限られた時間を有意義に活用するためには、WEBサイトなどで調べればわかることは聞かないように、できるかぎりに、その先輩に聞かなければわからないこと、その先輩の意見や考え方などを聞くと良いでしょう。
聞きたいことをすべて聞くことができるとは限られないため、質問の優先順位を決めておくことも重要です。

 

PICKUP!